生存確認


こめの旅日記。

カテゴリ: 山行記録

 杖です。ストックです。

 杖を突くということは宗教上は”ここは私の土地である”と主張する行為と考えられるので山で杖を突くなどけしからん。杖など要らん!山登りを始めた直後のころの私はそのような哲学を持っていました。今ではそのような哲学は捨て去り代わりに杖を持つようになりました。

 山登りに使用するストックの話です。種類もさまざま(横から握るタイプ、上から握るタイプ)、使い方もさまざま(シングルストック、ダブルストック、長さ、地面に突く位置)。どんなものを選んだらいいか、どんな使い方をすればいいか。山登り専門書や山雑誌を読んで参考にしている方もいらっしゃるでしょう。そしてそんな人はこのような経験をしているのではないでしょうか。
「みんな書いてることが違っていて、一体どれが正解なのかわからない」
 肘が90度になる長さにしろ、いや肘が90度になってはいけない、体の真横で突け、いや前に突け、いや後ろに突け、など……書物によって書いてることが違うんですよね。

 でも回答は一つしかありません。結論を先に言いましょう。
 前面の筋肉を使う時は長くして前に突く!
 背面の筋肉を使う時は短くして後ろに突く!
 これだけ覚えておけば大丈夫。

 以下、具体的に説明します。



【山登る時、どこの筋肉使ってますか?】

 山に登る時、どこの筋肉を使ってますか?
 大腿四頭筋でしょうか。大臀筋でしょうか。それとも腓腹筋でしょうか。もちろん筋肉は個々で働いているわけではありませんし登山は全身運動ですし当然どの筋肉も使っています。しかし歩き方には人それぞれ癖があります。人それぞれ筋肉の使い方には違いがあり、そのため筋肉の発達状況もさまざまです。山に登るときに”どの筋肉を特によく使うか”は人によって違うのです。前述の「みんな書いてることが違っていて、一体どれが正解なのかわからない」という問題はそのために発生しています。

 例えば私はあまり筋肉が鍛えられていませんので前面の筋肉(太もも、腹筋)を使うよりも背面の筋肉(尻)を使って登っています。ですから背面の筋肉をフォローする目的でストックを使用します。使い方としては、ストックを短め(100cm)にし、グリップの上に手のひらを乗せるようにして持ち、体の真横より後ろに突きます。そうすることで一番使いたい背面の筋肉をフォローしているわけです。
 逆に下りではストックを前または横に突いています。下りでは背面より前面(太もも、膝、腹筋)の筋肉や体幹の筋肉を使います。ですからそれらの筋肉をフォローできるように突く場所を変えるわけです。

 このように状況によって使い分けます。なので、もちろん登りで前に突くときもあります。段差の大きい場所で太ももを使って体を引き上げようとするときなどは前に突きます。

 前面の筋肉を使う時は長くして前に突く!
 背面の筋肉を使う時は短くして後ろに突く!

 なのです。



【ストックは補助具である】

 ストック、杖はあくまで筋肉の補助として使うのですから、自分が使いたい筋肉を活かせるように使わないと意味がありません。あの本にはこう書いてあったからこう持つのが正しい……ではなく、状況・目的に合わせて持ち方・長さ・突き方を変えるのが正解です。
 速度を出したいときは後ろに突いて加速のために、ザックが重たくて体を支えたいときは長くして前に突く、などなど……。
 単純に、以前に山登った時この長さだったから今回もこれでいいや。ではなく、今どうしたいかを考えて使い方も柔軟に変えていきましょう。

 またストックの本数の問題ですが、ダブルだからと言って安定するわけではありません。状況によってはストックはシングルにし、片手を自由にしておいた方が木や石を持って体を安定させることができるという利点もあるでしょう。ダブルストックで足4本+手0本の状態にするか、シングルストックで足3本+手1本の状態にするか。はたまた足2本+手2本にするか。これも状況によって柔軟に変えていくべきです。

 いろんな使い方を試してみて自分に合った方法を探しましょう。

 道具をうまく使って楽しい登山ライフを!

【ルート】
 椿大神社⇒井戸谷⇒イワクラ尾根⇒県境稜線⇒金山尾根⇒常満寺

【日程】
 11/4 近鉄四日市⇒椿大神社 三交バス 四日市管内
 ※2015年版山と高原地図には所要時間42分と書かれているが55分ほどかかった
 武平峠トンネル東駐車場トイレ裏泊
 11/5 石榑峠から道路を詰めた旧NHK施設跡泊
 11/6 常満寺⇒阿下喜温泉 いなべ市福祉バス 大安ルート 無料

【ホームページ】
 三交バス http://www.sanco.co.jp/shuttle/shuttle04/
 いなべ市福祉バス https://www.city.inabe.mie.jp/kurashi/kotsu/kotsu/1000821.html
 阿下喜温泉あじさいの湯 http://ajisainosato.com/

【3日目】

 4:10起床。結露はどうかな?と天井に触れる。乾いている。床に触れる。しっとりしている。テントをフライに当ててみる。びっちょり。うっわ、すっごい結露。テントのジッパーを開けて外を見てみる。地面は夜露に濡れ、霧とまではいかないが雲が視界をうっすら白く染めている。星空や四日市の夜景を見る分に支障はない。霧はしかし谷沿いに溜まっており、眼下の石榑峠駐車場が見えなくなるほどだった。
 今朝の飯はオートミールのとんこつラーメンの粉がけ。朝日を見たり竜ヶ岳を撮影したりうんこしたりなんやかんやしてテントを片付けたのは6:50。なんで昨日より遅いんだよ!!その後、水を2リットル調達。登りだしたのはなんと7:10。起床から3時間もかかるとはなんたる失態。
RIMG2039
RIMG2046
RIMG2045
 昨日確認した登山口から竜ヶ岳を目指す。いきなり垂直の岩がそびえるが巻き道があるので心配いらない。もし体力が万全で荷物も少なければ嬉々として鎖を掴んで垂直移動することを選ぶところなのだが。今日はとにかく、楽できるところでは楽をする。面白い道じゃなくていいからとにかく楽な道を歩くと決めている。そもそも垂直移動は鎌尾根や御在所でお腹いっぱいである。
 一気に高度を上げて振り返る。左奥が入道ヶ岳。手前のナナメの稜線のてっぺんが釈迦ヶ岳。ということは釈迦ヶ岳から谷を挟んでさらに右には、かつてテントを張ったイブネやクラシが見えているんだろう。
RIMG2048
林道に沿って雲が溜まっている。雲海だ。かっこいい。
RIMG2049
中央に見える平坦地が昨日のテント場だ。NHKの施設があった(ある?)らしいが電柱が数本建っているだけだ。
RIMG2050
尾根に乗ると右手に伊勢湾が見えてくる。まぶしすぎて直視できない。
RIMG2051
伊勢湾と逆方向。黄葉がきれいだ。
RIMG2052
竜ヶ岳の登りはザレザレ。滑って歩きにくいので左側に新しく歩きやすい道ができている。数年したら左側の道は木の根っこだけを残して斜面ごと崩れていくだろう。山歩きはそれ自体が自然環境破壊行為だ。
RIMG2053
重ね岩という場所に着いた。足もとは崖になっているので要注意。
RIMG2057
ふくらはぎがつりそうな急坂をえっちら登っていくと右手に笹原が見えてくる。頂上は近い。
RIMG2061
頂上稜線とうちゃこ!
RIMG2062
左手、北側に藤原岳が見える。
RIMG2064
中央が多志田山。北側の藤原岳山頂、東側の孫太尾根、西側の迷い尾根がみっつドゴオンとぶつかってぽこっと出てきた、みたいな形だ。
しかし迷い尾根、うねうねしていて名前の通り迷わせてやるぜ・・・!ってカタチしてるなあ。
RIMG2090
藤原岳、さらに左奥が御池岳。某遭難で有名なボタンブチやT字尾根が見える。
RIMG2071
自分の影が映っているので撮った。左下のやつ。
RIMG2072
エモい。
RIMG2074
頂上!やっと着いた~~~~と大声で叫んだ。
RIMG2077
頂上から北側。一番左が入道ヶ岳。右隣の手前の頭二つあるのが釈迦ヶ岳。その右隣の奥のみっつぽこぽこしてるのが御在所岳。右隣のべたっとしてからぽこっとしてるのが雨乞岳。多分。
RIMG2078
頂上から竜ヶ岳東側。笹原の上に丸くぽこぽこと赤っぽく見えるのはシロヤシオという木だ。春になると開花して白く色づく。笹原に散らばる白く丸いものはまるで羊のように見えるので、シロヤシオが咲き誇る様を羊の放牧と表現したりする。
RIMG2076
尾根沿いに東へ歩く。これがフィナーレ、ビクトリーロードや~。
RIMG2082
東側から頂上を見上げる。急だ。これは登りたくない。
RIMG2085
治田峠への分岐点。
RIMG2088
分岐は曲がらずまっすぐ東へ。伊勢湾へ飛び込めそうだ。
RIMG2089
金山尾根へ。
RIMG2092
北側。関ケ原。鉄塔だらけの町だ。そりゃあ山に建てるより平地に建てるほうが建設も管理も楽だもんなあ。しかし密集ぶりがすごい。
RIMG2093
金山尾根。踏み固められたトレースが最初から最後までついている。迷いようがない。難しい場所もない。そう、こんなんでいいのよ・・・今日はこんな道でいいのよ・・・牧歌的で楽ちんで・・・。とか言ってたらえらいところですっころんでこのまま斜面を転がるのではないかという目にあった。気をぬいてはだめですね。
RIMG2097
登山口とうちゃこ。落っこちたつり橋を渡る。
RIMG2099
RIMG2100
 この後は宇賀渓キャンプ場方面、駐車場、そして常満寺バス停へと徒歩。阿下喜温泉で脱いだ服を置き忘れるという失態を犯しつつも無事回収して近鉄特急にて帰宅。楽しい縦走でした。以上。

【ルート】
 椿大神社⇒井戸谷⇒イワクラ尾根⇒県境稜線⇒金山尾根⇒常満寺

【日程】
 11/4 近鉄四日市⇒椿大神社 三交バス 四日市管内
 ※2015年版山と高原地図には所要時間42分と書かれているが55分ほどかかった
 武平峠トンネル東駐車場トイレ裏泊
 11/5 石榑峠から道路を詰めた旧NHK施設跡泊
 11/6 常満寺⇒阿下喜温泉 いなべ市福祉バス 大安ルート 無料

【ホームページ】
 三交バス http://www.sanco.co.jp/shuttle/shuttle04/
 いなべ市福祉バス https://www.city.inabe.mie.jp/kurashi/kotsu/kotsu/1000821.html
 阿下喜温泉あじさいの湯 http://ajisainosato.com/


【2日目】
日本の・・・夜明けじゃ・・・

RIMG1937RIMG1939
RIMG1940
 4:30起床。6:00出発のつもりのくせに、4:30起床。
 東の空を眺めつつオートミールの”畑のカレー(アマノフーズ)”がけを食してテントを片付けて浄水したトイレの雨水1.5リットルもって出発。時すでに6:33。今日も焦ってる。駐車場には車が2台。挨拶を交わした1人とは御在所岳の頂上で再会した。

 東駐車場トイレ裏。何がとは言わないが使えそうな石、集めときました。オフレコな。
RIMG1941
 道路を渡り武平峠へ。途中、樹林の斜面のわずかなスペースにモンベルのステラリッジがキツキツに建っていた。あまりの狭さに張網もできない。昨晩はずっと強風だったのに張網ナシでイケるということは防風バッチリの立地ということ。あまりに見事な場所選択だったので撮りたくなったが、さすがに人家を目の前で撮影するのもアレだったので遠くから撮った。真ん中にある緑のフライがそれ。
RIMG1942

 さて、武平峠から北へ歩を進める。急なザレ斜面を登り振り返る。鎌ヶ岳と昨日歩いた稜線が朝日に照らされる。
RIMG1943
RIMG1948

視線を下方に移すとついさっき歩いた道も見える。なんだかすんごい馬の背。こんな危険な場所歩いたっけ?と白い手袋を履いた手で指さす。
RIMG1945
武平峠から御在所岳への登りはわりとアスレチック。短いながら楽しい道だ。テント泊装備と1日目のダメージが太ももを攻める。
RIMG1947
こことか滑落したらやばそうだなあ。
RIMG1949
御在所岳とうちゃこ。八大竜王の社がある。
RIMG1950
紅葉の時期には賑わう山頂もロープウェイ稼働前となれば誰もいない。
RIMG1951
RIMG1952
 御在所岳ロープウェイ。近鉄湯の山駅からアクセスするのだが、駅からロープウェイ乗り場まで10分ほど坂道を歩かねばならなかった。それが2018年に橋ができたことにより湯の山駅からロープウェイ乗り場までバスが通ることになりアクセス利便性が高まった。さらに山上公園のレストランアゼリアが改修され、モンベル御在所店もできた。新しくなったアゼリアやモンベルを見に行きたいと思ったがまだ8:00。開いてない。残念。
 山上公園トイレ前自販機にてポカリスエット500mlを購入、飲み干す。ついでに鶴瓶のむぎ茶600mlを2本購入。水筒とプラティパスへ入れる。水分全部で2Lだ。公園を辞して国見岳へ向かう。フラットで気持ちのいい道だ。御在所らしい巨岩・奇岩が目を楽しませる。これで黄葉ドンピシャの時期だったら最高だろう。
RIMG1962
RIMG1963
RIMG1964
 根の平峠方面への道は大きい岩がごろごろした下り。岩が多すぎるためか、下から登ってきたパーティはヘルメットを着けていた。下りを終えて道がフラットになってくるとよく掘りこまれた峠道になる。
 鈴鹿山脈周辺は峠道の宝庫だ。近畿から東に抜けるには不破の関を通らざるを得ない。近江商人たちは関を通らずに東西を行き来するために鈴鹿の山を越えた。また同時に商人の持つ金品商品を狙う盗賊も鈴鹿にはたくさんいた。鈴鹿峠の盗賊の話や、鈴鹿峠で盗賊を避けるために大量の蜂を飼っていた商人の話は有名だろう。
 根の平峠は甲賀から菰野へ抜ける道だ。商人、盗賊、杣人、猟師、武士・・・今でこそ登山屋や写真家しか歩いていないが、かつてはたくさんの人が往来したのだろう・・・と思いをはせる。
RIMG1965
RIMG1966
RIMG1967
根の平峠。良いテント場だ。ただし水場はない。とはいえ鈴鹿山脈は水が豊富なので主に滋賀県側に降りれば水は豊富に得られるらしい。でも危険を冒して谷に降りるよりはハト峰峠か御在所岳でゲットするのが無難だろう。
RIMG1968
RIMG1969
RIMG1970
根の平から中峠へ。この辺もテント適地が多い。水場は一応ある。浄水器を持っていれば問題ないだろう。

RIMG1974
RIMG1975
中峠着。朝明ヒュッテ方面から2名、ハト峰方面から2名やってきた。
RIMG1977
 次の目的地はハト峰峠を経由しての釈迦ヶ岳だ。雄大な裾野を西に広げている。13:00までには到着したい。
 黄葉はてっぺんおよび西の斜面はもう葉が落ちて終わり。日当たりが悪い?南東斜面のみが美しい。
RIMG1980
ここは鳳凰三山か?!というザレザレを歩く。
RIMG1987
足をとられながらもハト峰峠11:00着。釈迦ヶ岳12:30、八風峠14:00着でテント泊かな・・・と予定を立てながらザックをおろしてパンをかじる。
RIMG1988
RIMG1986
ハト峰アートだ。奈良県だと谷瀬のつり橋で見られますね。
RIMG1989
ハト峰峠の砂山頂上から進む道を確認する。
RIMG1982
さあ、釈迦ヶ岳には12:30までに着けばいいだろう!と立ち上がる。しかしあとから地図見たら、ハト峰⇒釈迦ヶ岳のコースタイムって1:50なんだよね。1:30なのは釈迦ヶ岳⇒ハト峰のコースタイム。うっかりだ。
 そんなことも気づかずアップダウンを繰り返し・・・
RIMG1994
釈迦ヶ岳12:00とうちゃこ!!
RIMG1998
透き通った空気。遥か見渡せば恵那山、御嶽山、白山のシルエットも確認できた。最高の気分である。
RIMG1997
RIMG2000
 釈迦ヶ岳からいったん下り、また登る。すると右手に伊勢湾を臨む稜線に出てくる。地面のザレザレ具合といい光る水面といい、気分はさながらリトル比良歩き。「琵琶湖がきれいだなあ」と伊勢湾を見ながらつぶやく。
RIMG2001
RIMG2002
RIMG2003
RIMG2004
 八風峠13:30着。
 八風峠でテント泊と思ったが・・・まだ13:30だ。地図とにらめっこ。2時間あれば石榑峠まで行ける・・・。16:00までに着けばよくね?ということでハラをくくって進むこととする。
RIMG2005
 少し進んで三池岳。ここから西側の風景は鈴鹿最強黄葉ゾーンだろうと思われる。山頂の葉が散り切らない頃に来てみたい。きっとものすごい風景が拝めるだろう。
RIMG2006
 三池岳から石榑峠方面を見る。進む道を確認。尾根の上には丘がぽこぽこ4つそびえる。つまりアップダウンは4回。4回登ればあとは下りだ。オーケイ行ける!!パンをかじりながら己を奮起させる。
 30分ごとにパンをかじりつつ進んでいく。感動のフィナーレ竜ヶ岳の頭が見える。竜ヶ岳の姿は一度だけ拝んだことがある。汁化氏と鈴鹿廃村巡りをしていた時に茨川集落へ向かうはずが林道を一本間違えて石榑峠まで上った。その時眼前に見えていた笹だらけのアレだ。
RIMG2007
三池~竜間にはガレ場が一か所ある。多分ここだ。木につかまって砂に足をとられないようじりじりと下る。
RIMG2008
近づくにつれてだんだん大きくなってくる竜ヶ岳の姿。明日登る尾根はどれだろう?と考えながらガシガシ歩く。
RIMG2010
そして15:30。なんか平たいところに出てきた!危険立入禁止なんて書かれているけど、むしろそっちに立ち入らない方が危険なんで立ち入らせてもらいますね。
RIMG2011
ひとまず登山口の確認と水の確保をば。水場はこのまま道路を進めばある。
RIMG2013
RIMG2014
再び道路を上り幕営地へ。西の山々、東の街並み、そしてでっかい竜ヶ岳!ちなみに平和そうな写真に見えますが西風がすっごい。寒い。
RIMG2015
RIMG2020
RIMG2019
テントを設営して夕方・・・
RIMG2021
RIMG2023
RIMG2022
RIMG2026
RIMG2023
RIMG2025
RIMG2027
RIMG2038
夜もとっぷり暮れました。
オートミールの味噌汁かけを食ってこの日は就寝。今朝の教訓を生かして明日は4:10に起きるぞ!


『鈴鹿山脈』っていう名称、おかしくない?だってさ、滋賀県と三重県の県境の稜線にある山脈で南から主に『油日岳~那須ヶ原山~高畑山~四方草山~仙ヶ岳~宮指路岳~鎌ヶ岳~御在所岳~国見岳~釈迦ヶ岳~三池岳~竜ヶ岳~藤原岳~御池岳~霊仙山』って続いているところを鈴鹿山脈って呼んでいるわけやけどさ、その中で鈴鹿市の中にあるのって仙ヶ岳だけやん。だけだけやん。私今回3日間鈴鹿山脈行ったけど、鈴鹿市にいたの1日目の午前中だけやで

 どうも、こめです。四日市に前泊してから鈴鹿山脈2泊3日の山行してきた。


【ルート】
 椿大神社⇒井戸谷⇒イワクラ尾根⇒県境稜線⇒金山尾根⇒常満寺

【日程】
 11/4 近鉄四日市⇒椿大神社 三交バス 四日市管内
 ※2015年版山と高原地図には所要時間42分と書かれているが55分ほどかかった
 武平峠トンネル東駐車場トイレ裏泊
 11/5 石榑峠から道路を詰めた旧NHK施設跡泊
 11/6 常満寺⇒阿下喜温泉 いなべ市福祉バス 大安ルート 無料

【水場とか】
 御在所山頂公園自販機・ハト峰峠・石榑峠が便利

【温泉】
 阿下喜温泉あじさいの湯 550円 木曜定休日 軽食あり
 ※頼んだわけではないのだが事務所でザックを預かってくださった。親切

【ホームページ】
 三交バス http://www.sanco.co.jp/shuttle/shuttle04/
 いなべ市福祉バス https://www.city.inabe.mie.jp/kurashi/kotsu/kotsu/1000821.html
 阿下喜温泉あじさいの湯 http://ajisainosato.com/


【1日目】
 42分。
 近鉄四日市~椿大神社間の所要時間は42分だと、手元にある山と高原地図には確かにそう書いてあるしそのつもりでコースタイム設定もしてきた。焦る。時計を見る。9時には登り始めたいのに。仕方ない。20分くらい遅れるつもりでいこう。
 待ち合わせにはいつも20分早く着いてしまう癖があったくらい(過去形)には時間にシビアでいたい性格なのだけれど、そもそもバスとは遅れるものである。そのことを考慮しないタイム設定がいけないのである。ということで椿大神社境内にてトイレを済ませて登り始めは9:20。アスファルトの道路を詰めて井戸谷を目指す。井戸谷ルートを採用したのは単純にコースタイムが一番短そうだったから。
 井戸谷へ向かう。さすが井戸谷なんて名前だけあって道路が川になっている。
RIMG1899
道路の幅いっぱいに水が流れている・・・嫌だなあ。滑らないように慎重に歩いていく。先が思いやられると思ったがルート自体はヤベえ箇所もなく多少の渡渉もあるが大したこともない。
RIMG1900
渡渉して小屋を右手にやりすごしたら笹原の急坂だ。
RIMG1901
後ろを振り返ると四日市の街並み
RIMG1902
四日市を左手に入道ヶ岳山頂を目指す
RIMG1903
入道ヶ岳山頂から鎌ヶ岳を見る
RIMG1905
入道ヶ岳山頂は人がたくさん
RIMG1906
RIMG1907
 入道ヶ岳にはふもとの椿大神社の奥宮があり、山頂には鳥居がある。写真は見ての通り文字が書かれているので鳥居の内側から撮っている。鳥居の写真って普通外側から撮るものだが伊勢湾を撮りたかったので内側からになった。きらきら光ってきれいでしょ伊勢湾。反射がまぶしすぎて見てられなかったけど。
 この日は西風が強く入道ヶ岳山頂はふきっさらしでゆっくりランチをするような場所ではない。けれど数パーティが座ってランチに興じていた。私はまだ先を急ぐのでその場を離れる。北東へ進み奥宮の社の前を通過し右に曲がり登るとイワクラ尾根へ出る。
 イワクラ尾根。破線ルートではないものの崩落が進んでおり慎重な歩行を余儀なくされる場所がたくさん出てくる。
RIMG1908
RIMG1909
アップダウンの繰り返し。さらに足元はザレザレ。この3日間の鈴鹿縦走計画を北から出発じゃなくて南から出発にしておいてよかった。最終日にへとへとになりながらテン泊装備を背負って歩くなんて危険極まりない。
 南東の斜面の黄葉がきれい。
RIMG1910
RIMG1911
 これからがこの山行で一番危険な鎌尾根。ザレザレ
RIMG1913
 そういえば水沢峠手前のザレ場で四つん這いになってズリズリと進んでいた男性がいたがあの人は鎌ヶ岳に登頂できたのだろうか。あの場所で滑って怖いなんて行ってたら鎌尾根は全く歩けないと思う。
RIMG1915
RIMG1916
見た感じ1時間くらいで行けそうだけどな、と思うのだが・・・実はここからまだまだアップダウンがある。
RIMG1917
下り道!(巻き道あり)
RIMG1919
だいぶ登ってきたなあ
RIMG1920

御在所岳と鎌ヶ岳のツーショット。
当初は1日目に御在所岳まで行けるんじゃないかな?なんて考えていたが見通しが甘かった。
RIMG1922

ここまで来たらもう山頂に登るだけだろ。あと10分もかかるまい・・・と思いきや、実はまた下りがある。
RIMG1924
激しいアップダウンを終えて鎌ヶ岳登頂。風がすごい。
RIMG1927
RIMG1928
RIMG1929
御在所ロープウェイの白い鉄塔
RIMG1930
山頂直下の崩落地。どこに進むのかわからず5秒ほど考えてしまった。
RIMG1932


 道なりに下っていくと『三ツ口谷』と書かれた看板があるが無視して進んで大丈夫。この道は武平峠に続いている。武平峠は十字路となっており、まっすぐ御在所岳へ進む道、武平峠トンネル東駐車場へ進む道、トンネル西駐車場へ進む道となっている。東駐車場にはトイレがあるので泊地は東駐車場とした。
 武平峠東駐車場にはたくさん車が停まっていた。服装を見る限りでは皆が登山客というわけではないようだ。また、駐車場の脇にはベンチが設置された空き地がある。ここから四日市の夜景がきれいに見えそうだ。ということは、夜も夜景目当ての車がちらほらやってくるだろうことが予想された。実際23時頃はよく車の音が聞こえていた。ペグを打ちたいので土がある場所にテントを建てたかったがこの空き地に建てたら顰蹙ものどころか夜景目当てでやってきたウェーイ系の被害にあう可能性があるので一番人が来なさそうなトイレ裏に建てることとした。必要な石はガードレールの下に落ちていたので拾って使用した。また、張網の一つはトイレの樋にくくりつけた。
 停まっていた車は16:30には皆いなくなった。
 夕飯はオートミールに「畑のカレー」をかけたものを食した。カレーが溶け切っていなかったのかしてサクサクした油っこいもので胸やけがしそうだった。19時には就寝。結露が嫌なのでテント内に蒸気がでていかないよう、シュラフカバーの中にすっぽり入った。足もとはシュラフカバーの上にツェルトを巻いた。レインウェア上下を着て、ダウンは着ずにシュラフの中に入れてかけ布団のようにして使用した。これで暖かさはちょうどよかった。夜中はたびたび車の音がしたが、テントを壊されることもなく無事一夜を終えた。



9/12(木)
 宗谷バス【病院前714発⇒726スコトン岬】
 スコトン岬⇒澄海岬⇒浜中⇒九種湖
 久種湖キャンプ場宿泊 
http://www.n43.net/camp/cgi/namesearch.cgi?NAME=%8Bv%8E%ED%8C%CE%94%C8%83L%83%83%83%93%83v%8F%EA
※コインランドリーあり シャワー15分100円
 船泊中心街まで徒歩15分ほど 船泊マリンストアーというお店がある(18時に閉まる)
 ホームページにファミリーマートまで約300mと書かれているが、このファミリーマートは大手コンビニではなく個人商店で、しかも営業していない
※昭文社地図ではスコトン岬までバスが行かないような書かれ方をしているが実質の終点はスコトン岬

9/13(金)
 宗谷バス【病院前740発⇒香深フェリーターミナル824】
 ハートランドフェリー【香深港845⇒稚内港1040】
 宗谷バス/都市間バス【稚内フェリーターミナル1130⇒大通りバスセンター1720】

 宗谷バス http://www.soyabus.co.jp/routebus/rebun
※礼文島内はフェリーターミナル近辺以外はバス乗降自由。12日と13日は実際は病院前ではなく、バス停がない久種湖前で乗車している。
 ハートランドフェリー http://www.heartlandferry.jp/
※宗谷バスの都市間バスは鴛泊・香深・稚内のフェリーターミナルでも購入可能。
 以外に乗車客は多いので早めに予約すべき。


RIMG1565
 11日に宿泊した礼文荘 久種湖キャンプ場のすぐ前にある。
 一泊7000円で朝飯夕飯ついて裏浜にはアザラシがやってくる素敵宿。夕食はクロメバルの煮つけ、ニシンやツブガイのお造り、たまねぎとじゃがいもの煮物、朝食は焼きホッケと北海道グルメを堪能できる。コンブ焼酎もいただける。
 明日はスコトン岬から岬巡りをしますと夕飯時に告げたところ、では荷物はおあずかりしますから置いていってください、とのお言葉。ありがたく甘えさせていただいた。なお11日の夜は雨がざあっと降ってきたのでキャンプ場に宿泊せず正解だった。

 以下、写真。
RIMG1475
スコトン岬。礼文島の最北端。
かつて日本最北端をかけて宗谷岬と争ったらしい。その後緯度を計ると宗谷岬より6500m南にあると判明し、スコトン岬は最北端の座を譲ったそうだ。
RIMG1476
スコトン岬の先に見えるトド島。昭文社地図の記載によると、11月~4月にトドが集まるらしい。
RIMG1477
最北端ならぬ最北限。どういう意味?
RIMG1482
『アザラシの見える宿民宿スコトン岬』この機械で木材を海岸に運んで建てたのか。
RIMG1483
RIMG1485
RIMG1486
RIMG1489
RIMG1490
絶景にはビール。スコトン岬の売店で600円で購入可能。島の人麦酒。
風強くて寒かった。
RIMG1500
RIMG1501
RIMG1502
RIMG1506
RIMG1507
日本海とは思えない青さと静かさ。
RIMG1508
RIMG1513
RIMG1514
RIMG1517
RIMG1520
RIMG1521
RIMG1527
RIMG1529
ゴロタ山を過ぎる
RIMG1531
RIMG1534
RIMG1535
階段を降りるとゴロタノ浜 西からの風が強い
RIMG1537
礼文昆布
RIMG1544
鉄府漁港を過ぎて寄り道。稲穂岬
RIMG1545
鉄府漁港から稲穂岬展望台方面。稲穂岬展望台は立入禁止
RIMG1546
RIMG1550
岬めぐりコースで一番景色がいいところ。ただ、西風が強く勾配が強いのに柵もないしその上前日の雨で地面がぬかるんでいるので長時間いると足がすくんでくる。
RIMG1554
車道にいったん出て右へ。澄海岬
RIMG1557
RIMG1558
澄海岬売店にて 300円ぽっきりよりもお釣りをもらえるようにお支払いしたほうがプラス一芸がついてきます。
RIMG1562
車道を歩いて浜中近辺
RIMG1566
久種湖キャンプ場着。昨日を超える強風の中ツェルトを張る
RIMG1567
強風を受けてあおられる我が家。しかし昨日よりも上手く張れている。コツがつかめてきた
RIMG1568
広いキャンプ場にぽつん。このあと二張テントが追加された
RIMG1574
RIMG1577
礼文町総合公園にて
RIMG1576
金田岬が見える
RIMG1579
公園からスコトン岬を見る
RIMG1589
翌朝の久種湖。水温が高くて霧が出ている

↑このページのトップヘ