生存確認


こめの旅日記。

三十二日目
2020.12.27(日)
行程:肱川河川敷→別格七番金山出石寺→別格八番十夜ヶ橋



 テントの内側がすごく濡れている。川沿いは水分が多くて嫌になっちゃうな。そう考えながらジッパーを開けて外を見るとまっしろの霧に包まれていた。今日訪問する別格七番札所『出石寺(しゅっせきじ)』は景色が良い寺ときいている。こんな霧では展望も望めまい……がっくりしながらうどんをゆでる。ガス缶を降ると液体は残り半分を切っているようだ。あと何回くらい使えるのか見当がつかない。どこかで一缶調達しておきたいところである。
 朝6:00。ザックを駅前のコインロッカーにあずけて最小限の荷物で出石寺へと出発である。


【標高300mの景色】
 出石寺への道は大きく3ルートある。
 延々車道を歩いて最後に1時間ほど山道を歩く高山ルート、大洲西トンネルをぬけてJR伊予平野駅から沼田川ぞいに進み山道へ入り前述の車道に合流する平野ルート、JR伊予平野駅から沼田川ぞいにすすみ車道と合流したり離れたりする瀬田ルートだ。(もう一つ、高山ルートに合流する阿蔵ルートというのもある)
 私は山道をたくさん歩くルートを選ぶ……と言いたいところだが、アクセス難度と野営地を考えて、JR大洲駅から車道を延々歩く高山ルートを選んだ。
 結果的にこのルートを選んだことは大勝利だった。

 県道234号を歩き久米川を渡る。辺りはあいかわらず霧で真っ白だ。
 JR西大洲駅の脇へ車道を進む。線路を渡り小学校の横を通り集落の行き止まりから車道はどんどん高度を上げる。標高230メートルくらいで左折し崖の上に立つ集落を抜ける。
 ここで霧が晴れる。
 眼下には息をのむ景色が広がっていた。
 標高たった200~300メートルそこらでこうなるものなのか。
 麓を雲がうめつくし、雲をかきわけて山々がぽこぽこと頭を出している。雲海だ。街はいまだ霧の中のはずだ。それが、こうして少し離れるだけでまるで違う世界が広がっているのか。
 夜明け。太陽がでてくると同時に世界は黄色背景の水墨画になる。ほれぼれする。何度もカメラのシャッターを切る。
 他のルートから出石寺を目指していたらこの雲海は臨めなかったであろう。大勝利である。
RIMG6972
RIMG6973



【別格七番札所、金山出石寺】
 車道から山道に合流する。
 ネット情報では道がわかりにくい、迷いやすい、到達難易度ナンバーワン寺、などと書かれていたが実際は看板が豊富で迷う心配はなかった。しかし看板がなければ迷い込んでしまいそうな脇道もあり、初見泣かせの寺であることに違いはなさそうだ。

 しばらく進むと大量の地蔵に迎えられる。歴史的に地蔵を奉納する人が絶えない寺だったようだ。今では『お願い』なんて看板が立っていて、もう地蔵を置く場所がない。地蔵を奉納する際は寺に一言くれ、勝手に置いて行かないでくれ、という内容が書かれている。

 ところで地蔵の中に翁像が紛れていたがいったい何だったんだろうか。これも信仰者の奉納なのだろうか。

 寺に到着である。鳥居より大きいドでかい大師像に迎えられる。門につられた鐘を二度叩く。出石寺はうどんが有名らしい。10時営業開始である。参拝しているうちに10時になったので土産物屋兼うどん屋に立ち寄る。明らかに接客業にむいてない兄ちゃんが相手をしてくれた。
 うどんはしいたけが甘くて旨くて冷えた体を温めてくれた。
 このうどん屋は人気のうちに今年の3月に営業を終えた。あの兄ちゃんは独立してうどん屋をしているのか。うどんなんてつくりたくなくて寺を出て行ったのか。不明である。


【別格八番札所十夜ヶ橋へ】
 下山である。来た道を戻る。8kmの車道歩きは冗長である。急ぐ気もないし車が通る気配もないのでガイドブックに目を落として歩く。
 懸案事項だ。
 八十八か所巡礼の次の目的地は四十四番札所大宝寺と四十五番札所岩屋寺である。この二つのお寺は久万高原という高地にある。山登りである。
 この二つにどういったルートで行こうか。どこで寝ようか。それがいまだ決まらない。このルートを通ったらここで飯を買ってここで泊まって……いや、このルートの方が楽しそうか……?うんうnうなって考える。
 天気も問題なのだ。低気圧が接近している。下手すると大雪で足止めを食らう可能性がある。今の装備で雪山の中で野営などごめんである。
 うまく雪を避けて進むにはどのルートを歩くのが最善なのか、頭をひねりながら車道を下っていく。

 いつもよりたっぷり時間をかけて8kmを歩き人の生活圏に到着する。もうガイドブックに気をとられながら歩いてはいられない。

 車道の角にコメリハードグリーンを見つける。そういえばガス缶が欲しいのだと思い出す。
 脳内でお大師様が”その店に入っても無駄だぞ、コメリハードグリーンにガス缶は置いてないぞ”とつぶやくが念のため入店して探してみる。果たして無駄足だった。さすがお大師様である。

 さて。少し打ち戻ると温泉があるがどうしようか……。行くの面倒くさいしさっさと野営したいな、と考えつつも脳内でお大師様とお不動様が温泉行ったほうがいいぞとつぶやく。2対1である。しぶしぶ温泉へ行った。果たして、行ってみた『臥竜の湯』はお遍路さん100円引きだしWi-Fiとんでるしコンセントで充電できるしで行ったことを後悔する要素がゼロだった。さすがお大師様である。


【十夜ヶ橋で野宿】
 別格八番札所『十夜ヶ橋(とよがはし)』を目指す。
 ダイキでガス缶を、アルペンで靴下を購入する。アルペンのレジの女性がお遍路すごいですね、がんばってくださいと声をかけてくれて嬉しくなる。
 別格八番霊場十夜ヶ橋に着いた。すでに17時を過ぎているので参拝のみ済ませる。納経所は明日行くことにする。閉店ギリギリのこの時間、駐車場に停まった車からはあわてて走り出てくる白衣の姿がある。週末お遍路さんかもしれない。今日中に行かないと御朱印がもらえない!ということなのだろう。

 時間だけはクソほどある歩き遍路こと私は参拝を終えて橋の下へ行く。橋の下にやってくると1分も経たぬ間に雨が降ってきた。もう少し遅かったら濡れているところだった。すごいタイミングだ。お大師様に守られているのか。そういうことにしておこう。

 さて。十夜ヶ橋というのは何か。
 一言で言うとお大師様が泊まった橋である。あまりの寒さに一夜が十夜にも感じられたので十夜ヶ橋ということである。
 数日前に野村集落で見た十夜野の伝承と被る。きっと探せばほかにも似た伝承をもつ地名があるのだろう。
 この十夜ヶ橋はクソ有名霊場である。
 橋の下には横たわる大師像があり、毛布が何枚もかぶせられている。お遍路さんだけでなく地元の人も普段から参詣する、人の絶えない現役の霊場である。
 川の横には鯉の餌が置いてある。1カップ10円だ。
 たわむれに1カップすくって川にばらまいた。川には鯉がざっと100匹ほどいる。生き物虐待の様相だ。ハトが鯉の餌目当てによってくる。あとあと考えたらハトの糞被害を非常に受けそうな場所にテントを張ったと思う。きっとお大師様に守られているので糞被害は受けないのだろう。そういうことにしておこう。

 十夜ヶ橋の周りはインフラがめっちゃ整う。
 激安スーパー、ホームセンター、アウトドアショップ、ホテル、コインランドリー、カラオケ、ネットカフェ、居酒屋、回転すし……便利すぎてここで住める。
 トイレは十夜ヶ橋の通夜堂横にあるが、そこよりも24時間営業スーパーラ・ムーのトイレの方がきれいだ。

 夜飯はココイチに行った。注文したカレーが来るまでの間はハイキューを読んでいた。
 夕飯を終えて飯の調達を終える。
 すでに真っ暗だがその後も3人ほど参拝者がやってきて寝ているお大師像にお参りをしていく。
 さすがに野宿の聖地だけあって私のテントを見ても誰も驚いたりしない。あって当然のような顔で「こんばんわ」「ご苦労様です」などと声をかけてくれる。

 人の足音、鯉の水音、ハトの鳴き声、雨が叩く音、橋の上をぎゅんぎゅん車が走る音。
 にぎやかなはずなんだけどなんとなく穏やかな雰囲気をもつ、不思議な場所。
 レインカバーとシュラフにくるまり、気温以上に温かい気持ちになりつつ眠りについた。
RIMG6996
RIMG6997


歩いた距離、歩数
41.59km 60,398歩

つかったお金
ごはん 2,625円
お賽銭 0円
珠   300円
お風呂 360円
コインロッカー  200円
ガス缶 547円
靴下  649円

三十一日目
2020.12.26(土)
行程:パークホテル宇和→鳥坂峠→松下庵→大洲市街地→肱川河川敷



 7:30、ホテルを出発する。
 今日の出発は非常に遅い。というのも、歩く距離がとても短いからだ。もっと進みたいのだが進めないのである。
 次の目的地は別格七番札所『金山出石寺(しゅっせきじ)』だ。このお寺、山のてっぺんにある。しかも登山道までの道がまあまあ長い。寺の境内や山の中で寝るなら話は別だが、篠山神社を思い浮かべるに、山の上は寒いに違いない。そうえると野営はふもとで行いたい。
 と、いうことで今日は寺のふもとである大洲市街地で寝て明日、寺へ向かうこととした。
 ちなみに金山出石寺はお遍路到達難関場所ナンバースリーである。ナンバーツー、ナンバーワンはまだまだ先だ。


【鳥坂峠を越える】
 国道56号ぞいに北へ。国道と並行したり国道に合流したりして遍路道を北上する。4kmほど歩くと右手に関地池と出会う。関地池の公園は野宿適地だ。
 さらに進むと分岐路がある。右が鳥坂(とさか)隧道を抜ける道。左が鳥坂峠を越える道だ。
 分岐路にはヘンロ小屋が建つ。ヘンロ小屋の壁には小学生が描いた家族の似顔絵が飾られている。似顔絵の横には子供から家族へコメントが書かれていて、コメントの隣に家族から子供への返事が書かれている。子供の真面目な言葉に対して家族が大喜利チックに返答していて笑いを誘う。

 ヘンロ小屋を出ると歩き遍路が一人トンネルを目指して歩いて行くところだった。
 いや、トンネルを歩くのならば歩き遍路ではない。歩き疲れた遍路だ。ねぎらってあげよう。決して軽蔑してはいけない。
 かたやホテルのお風呂でしっかり疲れを抜いて元気な歩き遍路こと私は鳥坂峠へ向かう。左折し脇道へ入る。あずまやが二つほどあり野宿適地である。

 番所跡に出会う。藩政時代に人物・物資の不当流出を防ぐために大洲藩が建設した番所だ。かつて旅人が通行する際には身分証明書、往来手形の提示を求められ厳しい取り締まりを受けた。四国八十八か所巡礼などの巡礼者については比較的楽に番所を通行できたそうだ。その点は南予遍路道の中道とはあつかいが雲泥の差である。
 番所跡のすぐ脇道からが峠道だ。高知県の峠道を歩いた遍路にとって愛媛の峠道など難所でもなんでもない。気持ちいい日差しとフィトンチッドが充満してそうな空気の中、のんびり峠を歩く。登り詰めた峠には仏像が建つ。
 さらに道沿いに進んでいくとトタン屋根に壁のない建物が見える。看板を見ると日天月天様と書いてある。
 御神体は山から切り出されたと考えられている半円形をした石で、梵字が刻まれているそうだ。祠は粗雑な扱いだが、境内にはなにやら雰囲気がある。何かいる感じがする。入り口付近に何かいる。
 せっかく来たので札を置いて行く。それから小便を足す。神様はいいよって言ってくれたので……。

 峠をおりて民家の間を抜けていくと番外霊場『札掛大師堂、佛陀懸寺(松下庵)』に出会う。ガイドブックに記される大師堂ではあるが、ぼろぼろである。門構えからして屋根には草が生えているし、鐘を打つ棒がぶらさがっているが鐘はない。門をくぐってみると大師堂の中はごみ屋敷の様相を呈している。

 遍路看板に従って先へ。松山自動車道ぞいの休憩所『ポケットパーク札掛』は野宿適地だ。
 国道56号ぞいに下りていくと大洲の街に出会う。


【大洲】
 広い河原は愛媛県大洲名物、芋炊き会場だ。芋煮は山形の専売特許ではない。まあ、芋なんてどこでもとれるしな……。
 肱川(ひじかわ)ぞいに歩いて行くと『亀山公園』という景勝地に出会う。トイレの脇をちょこっと登るとあずまやがあり、野宿適地である。
 公園のすぐ横には『臥龍の湯』という温泉がある。お遍路さんは100円引きのサービスが受けられる。
 『町の駅大洲』で大洲市郷土菓子『志ぐれ』を食う。あずきとうるち米を使った蒸し菓子だ。見た目はようかんみたいなかんじだ。うまい。
 街の駅も野宿できそうなかんじがするが適地かどうかはちょっと考える。もし私がこの近辺で野営するなら亀山公園を選ぶだろう。
 大洲観光を続ける。
 人気だったらしい朝ドラ『おはなはん』のロケ地を訪れたり、『富士山(とみずやま)』を眺めたりしてJR大洲駅に到着する。時間はまだ13:00。暇である。駅前のベンチに腰掛けおにぎり、パン、などをかじる。家に定時連絡をする。
 まだまだ時間がある。駅のコインロッカーに荷物をあずけ、商業施設『アクトピア大洲』の中のゲームセンターで時間をつぶす。シンクロニカで東方曲をプレイする。背景が実に凝っているがプレイ中は見る余裕が無いのが残念……と思っていたらプレイ後にスクリーンショットを閲覧することができた。粋なシステムだ。ケロ9をプレイすると『そこに誰もいませんよ』がスクショになる。スクイズのあのシーン再現だ。

 商業施設で時間をつぶし、日が暮れてからコインロッカーの荷物を回収する。どこに幕営しようかとうろうろする。
 大洲駅近くの橋の下で幕営する予定だったのだが工事中で橋には近づけなかった。工事現場立入禁止区間ギリギリの場所にテントを張る。ここならば朝に犬の散歩に来る人からも目立つまい。
 テントを張り終え飯を食い終え風呂に向かう。複雑な住宅路をぬけると一部の人には有名らしいレトロ銭湯、『よしの湯』に着く。
 おばあちゃんにお金を渡して女湯へ。先客は2名程度。銭湯なのでシャンプーやせっけんは無い。タオル片手に水道で体をごしごし洗い湯舟へ。硫黄の香りがする黄色い湯がある。温泉が湧いているのかと思ったがあとでネットで調べたら硫黄の香りがする入浴剤ではないかとのことだった。確かにどこにも温泉という表示はなかった。
 ドライヤーは男湯にある。女湯からは手を伸ばして10円玉を入れる。するとゆる~い風が数分出てくる。これで乾かしきるのはなかなか厳しい。

 昨日に引き続き入浴できて心も体もさっぱりだ。河川敷へ戻ると工事現場に立入り三脚を立てている人の姿が見える。工事中の橋の写真を撮影しているらしい。立入禁止区間に入っている人がまさか私を通報するはずもあるまい。
 写真撮影の様子をテントの中から眺めつつ、飽きたらシュラフにもぐりこみ眠りに落ちた。


歩いた距離、歩数
21.79km 31,797歩

つかったお金
ごはん 1,499円
お賽銭 2円
お風呂 370円
コインロッカ 300円
ゲーセン   300円

三十日目
2020.12.25(金)
行程:ユートピア宇和→永照寺(バラ大師)→日切地蔵→道引大師→白王権現→四十三番札所明石寺→宇和パークホテル



【職質】
 道路が怖い。暗いが車が少ないうちに出発すべきか。車が増えるが十分に明るくなってから出発すべきか。少し悩んで、暗いうちに出発することにした。
 5:50。テントを畳む。外はまだ真っ暗だ。ダム湖も闇の中だ。
 橋を渡って車道に合流する。少し打戻り、荷物を日切地蔵にデポしてまた車道へ向かう。歩道がない車道はとても怖い。極力運転手に見つけてもらうためにヘッドランプを点けて歩く。本当はヘッドランプよりも反射材が欲しい。車のライトが当たったら反射でピカピカ光るやつだ。津照寺に反射タスキがおいてあったのだが荷物の大きさを考えてタスキではなくお守りをいただいてしまった。あの時タスキを選んでいればな、と後悔しても仕方ない。
 トンネルを抜け、橋を渡り、トンネルを抜け、国道441号をくだっていく。国道441号は四万十から大洲に抜ける道らしく、通行量が多い。ばひゅばひゅ車が走っていくたびに内心でひぃぃ……と悲鳴を上げる。まあ、運転手に怖い思いをさせているのは私も同じことなのだろうが……こちらはワンアタックワンキルの可能性があるので怖さマシマシだ。

 恐怖の国道歩きを終わりようやく西予市(旧野村町)市街地まで下りてくる。交差点を渡ると信号待ちしているパトカーから出てきた警察に呼び止められる。
 「どこ行きよるん?」「永照寺です」「朝暗いからね、これ、声かけた人にあげてんねん」
 警察は私の腕に黄色い反射材でできた板を巻いてくれた。
 欲しかったやつやん……!!こんなことある?
 あまりのナイスタイミングに声も出ない。
 「反射板渡した人にはみんな名前と住所きいてんねんな。教えてくれる?」
 なるほど職質。気を取り直し、名前と住所を答えると警察はメモ帳に書くふりをした。気を付けてね、と送られて再び永照寺へと急ぐ。
 反射材の腕に巻くやつ。タスキほどでかくはないが暗い時にコレが動いていたら車からも見つけやすいだろう。朝から欲しい欲しいと思っていた物が手に入ってしまった。今日は12/25。サンタ・愛媛県警・クロースありがとう。

 朝が明ける。明るくなる。
 反射材。今貰っても意味ないな……。もっと早く欲しかった。


【永照寺(バラ大師)】
 そんなことを考えながら野村市街地をぬける。中学校の前に中学生たちが門前に横並びになり挨拶をしていた。負けじと私も挨拶をする。
 学校を過ぎると通行量はグンと減り人家がまばらになってくる。『ばら大師→』の看板に導かれ細い道を登り永照寺に到着した。

 永照寺。別名バラ大師。
 延暦十年のことである。お大師様が四国を巡錫中にここで野宿したが、バラの蔦が茂っており安眠できず、一夜の野宿があたかも十日間の苦行のごときであった。そこで大師は法力でバラのトゲを封じ込めた。そのトゲを封じ込められたバラがお堂の裏に繁茂し、大師像の周りを覆っている。
 このバラは南予に自生するバラの一種で、トゲがない。ちなみにこのバラを持ち帰ると災難にあうので花はおろか種も持ち帰ってはいけないらしい。持ち帰ってはいけないが、参詣して一心に祈願すれば、一切の煩悩のトゲは滅除され、心願はことごとく達成するらしい。上手く言ったつもりかもしれないが意味不明だ。何だ、煩悩のトゲって。

 ところで。『一夜の野宿があたかも十日間の苦行のごときであった』ことから、このあたりの地名は十夜野(とやの)と呼ぶ、と伝承は続くのだが、これは十夜が橋の伝承とごっちゃになっていると思う。十夜が橋は別格八番札所なので詳細はそこを訪れる日記に書こう。

 バラ大師の伝承についてはとげなしバラよりも井戸の方が魅力的だ。
 境内には井戸がある。この井戸は町内に水道設備がなかった昭和の時代、2人のお遍路さんが掘りあてたものだその後昭和40年に水道が引かれた際に井戸は危険だと土砂でつぶしたが再度発掘したとのことだ。
 大師が杖で水を掘り当てた!とかいう想像力や独創性を感じさせないしょうもない伝承ではないのだ。


【日切地蔵】
 昨日幕営予定をしていたダム公園に立ち寄った。野宿適地ではあるがトイレがシルク博物館の方にあるので遠い。ユートピア宇和で野宿しておいてよかった。
 休憩もそこそこに来た道を戻る。
 荷物の回収に日切地蔵へ向かう。荷物あずかってくれてありがとう、とお賽銭を投入する前にふと考える。
 堂内には縞々の旗が並ぶ。この旗に願い事を書いて境内にぶっさすらしい。
 旗は1,000円で誰でも奉納できる。ここで魔が差す。
 やおら財布から1,000円とりだし、お賽銭箱に入れる。新品の旗を手に取り、備え付けのマッキー(黒)で見様見真似、願意を書く。
 『奉斎 肝臓元気 令和二年一二月二五日』
 できた。
 バランスは悪いがこれでよし。
 旗をお地蔵さんの一番近くにぶっさして満足。車道を通って歯長峠からの丁字路に合流した。


【明石寺・白王権現】
 次は四三番札所『明石寺』だ。
 道すがら、県道29沿いにある道引大師にお参りする。建物の中は畳一枚分もないがここで寝泊まりするお遍路もいるらしい。
 さて、肱川(ひじかわ)ぞいに西へ進み、遍路看板にそって松山自動車道の横を進む。ほどなくして明石寺の奥の院『白王権現』に出会う。
 石垣に覆われたそこは建物があるわけではない。中央にこんもりと盛り土があり、土の上に石の祠があるだけの簡素な場所だ。ただし、雰囲気はたっぷりだ。霊感ゼロの私だが、それでも何かいるのを感じる。この日記を書いている今、自分で撮った写真を見ても背中にぞわっとしたものを感じる。実際に訪れたときは入り口の石段に何かがいるのを感じた。

 辞して明石寺へ進む。愛媛県歴史文化博物館へのぼる道に進み、あとは遍路看板に導かれると木造のいいかんじの建物に出会う。
 明石寺。本来の名は「あげいしじ」だが現在は「めいせきじ」と呼ばれる。土地の人は「あげいしさん」「あげしさん」と呼ぶそうだ。
 その昔、若くて美しい女神が願をかけ深夜に大石を山に運ぶうち、夜明けに驚き消え去ったという意味不明な話がある。
 境内奥には謎の神社がある。こけむしたいい感じの場所だ。意味不明な場所に鳥居があるのも魅力的だ。ずらりと並ぶ幅50センチほどの摂社たちは扉がなくて鏡だけが中に吊られている。管理されているのかされていないのかさえ不明だ。


【宿へ】
 明石寺の裏から遍路道が山に向かって延びる。遍路看板に導かれ歩いてく。下り道に差し掛かった時に東屋に出会う。日差しも気持ちいいし誰も来ないし静かだし、一休みしていくことにする。椅子に腰かけパンをかじる。座ってしまうと出発するのが面倒くさい。数十分ぼーっとして体が冷えてきたころに再び歩き出した。
 山を下り国道56号に合流する。だらだらと道沿いに歩いて行き、今日のお宿『宇和パークホテル』に到着だ。ホテルの入り口前には金剛杖を洗うための水道がある。洗うと濡れるので洗うのはよしておいた。
 めぼしい外食屋もないので夕飯は向かいのセブンイレブンでおにぎり、納豆、カツカレーを購入。
 大浴場でしっかり足を延ばして温まり、6日ぶりに布団に入った。


歩いた距離、歩数
36.33km 52,831歩

つかったお金
ごはん 1,639円
お賽銭 1,008円
宿   2,980円
洗濯  300円
薬局  1,305円(テーピング、ティッシュ)

↑このページのトップヘ