生存確認


こめの旅日記。

三十七日目
2021.1.1(金)
行程:太山寺奥の院→クラウンヒル松山



【奥の院の一夜】
 20kgほどのザックを背負って登り詰めた山頂には5mほどの観音像が建っている。もし寝ているときに地震が起きて観音様が倒れてきたら押しつぶされるだろう。場所を選んでテントを張る。プレミアムモルツのロング缶を観音様の前にそなえ、日本酒の4合瓶をお不動さまの前にそなえる。では、いただきます。……37日ぶりのビールが胃袋に浸み込んだ。

 夜も更ける中、テントの中では宴会が始まる。おそばをゆでて日本酒をあたためて練り物を食べる。寺のすぐ裏にいるのだから除夜の鐘が聞こえるだろうと思っていたのだが期待外れ、何にも聞こえなかった。昨日は7つも寺を訪れたのにどの寺も除夜の鐘を撞かないのだろうか?
 時折こげくさいにおいが鼻に突く。その度にテントかシュラフを焦がしてしまったか?!と慌てて周りを見るが何も焼けている様子はない。
 夜中に寺の人が見回りにも来ない。年越しの瞬間まで起きていることもおっくうになり、シュラフにもぐりこんだ。


【元旦】
 朝である。もそもそと朝ごはんを食べる。日本酒をちびちび飲む。
 外に出てぼつぼつ消えていく街の光を眺める。観音様の足元に座って贅沢な時間をひとり過ごしていると人が会話する声が聞こえる。足もとからである。誰かが登ってきたのだ。
「おはようございますー」
 ひろげまくった食料、食器類を片付けつつ挨拶をする。
 登ってきたのは男女の二人組。お二人は知り合いというわけではなく、毎年正月に初日の出を見るときにだけこの山で出会うのだという。
 初日の出を待ちつつ話をしているとまた一人、白人らしい顔立ちの男性がやってくる。この方もお二人と知り合いというわけではなく、毎年正月に初日の出を見るときだけにこの山で出会うのだという。
 先にいた女性の方は生粋の日本人である。しかし自己紹介された名前はとても日本のものとは思えない。尋ねてみると、昔に流行ったCMの真似をして外国風の名前を名乗っていたら定着し、今では郵便物すら外国風の名前で届くくらいに定着し、逆に本名の方が知られていないとのことだった。一方あとから来た男性の方は日本国籍を取得し日本名を名乗っている。

 太陽は久万高原の方角から上がるはずだ。しかし雲が厚い。去年も雲が厚かったが待っていたら甲斐あって初日の出を拝むことができたという話題で盛り上がっている。
 女性は笑い話を披露する。
 去年のことである。雲がかかっており日の出はもう無理かもな……という雰囲気がただよっていて、同席していた悲しそうな顔をしている子供に「人生、あきらめが肝心やで!」と言っていた。しかし初日の出がでたとたん、「ほら!何事もあきらめたらあかんで!」と言ったという話だ。子供はぽかーんとした顔を彼女に向けた。大人は都合いいなーというオチでしめくくられた。

 今年は無理かもねーという雰囲気が漂う中、雲の切れ間から瞬間、光が差した。
 真っ赤な光は太陽のもの。初日の出がちゃんと姿を現した。みんなで写真を撮りまくりわいわいと楽しむ。

 一通り写真を撮り終えて3人が去った後、犬を連れたご夫婦が山頂にやってきた。
 太陽はすでに雲をつきぬけてしっかり輝いている。ご夫婦は写真を撮り、コーヒーをふるまってくださった。お遍路であることを告げると飴玉をいただき、昨日ここで泊まったことを告げると「えーここで泊まったの?!火はちゃんと管理してね!」と言われた。どうやらこの山、去年、といってもほんの二か月前なのだが、火事があったらしい。
 ご夫婦の男性は消防団に属しており、その時の様子を語ってくれた。
 夕方に火の手があがり、通報が届いた。山頂からの眺めはもちろん、ふもとからもよく見えるこの山頂が燃えるさまは山のぐるり360度すべての集落から見えており、通報がどんどん来た。
 山頂には水がない。消防団は20mホースを60本つないで、ようやって山頂まで水をもっていった。日頃の訓練の甲斐あり素早く鎮火させたので大事には至らなかったが、風の強さや天候いかんでは太山寺はおろか周辺の家家も燃えていただろう。火元はいまだ明らかになっていないが、山頂の一本の木の根元が特に真っ黒にこげていたので、そこが火の発生元であり、火種はハイカーが捨てたタバコが原因ではないかと推察されている。
 なるほどきのうの焦げ臭さは火事の残り香だったのか。言われてみれば周りを見渡すと木の幹が黒く焦げている。
 ご夫婦は山を下りていく。
 私はプレミアムモルツのロング缶を開けると朝日をみながら喉を潤した。

 その後もいろんな人が登っては降りていく。なんだかNHKの72時間定点観測する番組を見ている気分だな、と思いながら松山の人々と会話する。そうして日も高くなった11時頃、テントを撤収して山を下りた。

 寺にはたくさんの初詣客が訪れている。だが奥の院まで行く人はまれらしい。
 御朱印帳を抱えた人に今日中に円明寺へ行くか尋ねられ、行きませんと答えた。もしかしたら方向が同じだったら車に乗せてくれる心づもりだったのかもしれない。感謝しつつ寺を辞する。
 今日は一日お休みにするので、これから松山市街のホテルへ向かう。微妙に逆打ちになるので道標がない分、道がわかりづらい。成願寺や久万ノ台温泉などをおとずれつつ次の機会のために野宿適地を探しつつ歩く。松山の市街地まで来てセブンイレブンの前でWi-Fiだけ借りて明日以降の予定を立てる。どうもそこで手袋を片方落としたらしく、ここから先は片方手袋ナシで旅をつづけることになる。Wi-Fiを使ったのに何も購入しなかったため『やられた』のだ。反省した。

 時間をつぶしてホテルに到着し、今日はゆっくりと過ごした。


【使ったお金】
ごはん 624円
お酒  539円
お賽銭 0円
宿   3,400円
洗濯  500円

三十六日目
2020.12.31(木)
行程:杖ノ渕公園→香積寺(隻手(かたて)観音)→四十九番浄土寺→五十番繁多寺→五十一番石手寺→五十二番太山寺→太山寺奥の院



 テントの中でパンをかじる。レーズンがいっぱい入ったカンパーニュ?である。昨日も今朝もパンまみれでうれしい限りだ。

 今朝はまず番外霊場の香積寺(こうしゃくじ)を訪れる。墓地に埋もれた寺の前には男性がひとり小用を足していた。神も仏も恐れぬ行為である。
 境内には五色の布がかかっている。明日、いや今夜からの初詣準備だろう。
 香積寺は別名隻手観音というらしいが、由緒書きらしい看板等はどこにも見当たらない。お大師様がいたので会釈して寺を辞した。
RIMG7127

 雨上がりの空は異様に美しい。朝日をうけて染まる雲は背景の青と見事なコントラストを呈する。これからどんどん北上し、舞台は道後へ。松山の中心部へ向かうのだ。まさかこんなド年末、大みそかに道後に来ることになるなんてね。
 各寺の前にはかどまつが建つ。四十九番浄土寺の三門は工事中で緑のネットをかぶっていた。
 鐘を鳴らして本堂の前に立つ。とっくに般若心経はマスターしている。御本尊をみすえて、『なにがお経だ、こんなものを唱えたところで本当に世を救えるなんて思っているのか?』と想いを込めて経をとなえる。ただ、『南無大師遍照金剛』の三回だけは頭をたれて静かに唱える。それが今の私の読経スタイルだ。

 寺を辞し北へ。道路や脇道に描かれるお遍路のイラストはとてもかわいい。住宅街を指示に従ってぬけていく。五十番繁多寺に到着。鐘楼の天井絵が鮮やかだ。
 指示に従いさらに住宅街をぬける。石手川をわたるとそこからは観光地の世界。五十一番石手寺は道後温泉に訪れる観光客でにぎわっている。
 胎内くぐりのような地蔵巡りの洞窟がある。洞窟に入るには100円を賽銭箱に入れなければならない。なんでそんなもん払わにゃならんのじゃい、と思いながらしょうもない洞窟を歩いて出てきた。寺を辞したころに手袋を片方なくしていることに気づき寺に戻る。みつからなくて、よもや、と思い立ち洞窟に再度かけこむと手袋を発見した。100円程度ケチってるんとちゃうわ、と仏さまに怒られたのだ。徳島の勝浦で出会った男性風に言うならば、「やられた!!」である。やられた。ちゃんと払います。と、賽銭箱に100円を投入した。
RIMG7142
RIMG7134

 石手寺の裏から遍路道がのびている。しかし番外霊場義安寺に寄りたかったので県道187号ぞいに北上する。義安寺を辞してさらに進むと場所はもうほぼほぼ都会である。火の鳥が壁を飾る道後温泉の横をとおりぬける。観光客が往来する商店街で土産物屋を見てぶらぶらする。ある土産物屋で「一週間は生きて行けそうな荷物やねえ」と軽口をたたかれて気分を害して土産物屋で飯を探すのをやめてさっさと商店街を辞する。

 伊佐爾波神社の石段を登る。14kgのザックを背負ったまま、ぜいぜい息を荒げながら歩いている観光客などを横目にすいすい登っていく。当たり前だ。ゆっくり歩くほうがしんどいのだ。階段上りはスクワットと同じ。スクワットはゆっくりやった方がキツい。
 『伊佐爾波(いさにわ)神社』
 延喜式内社である。仲哀天皇、神功皇后、応神天皇、三柱姫大神を祀る。
 社伝によると仲哀天皇、神功皇后が道後温泉に来浴した時の行在所跡に建てられた神社で、建内宿禰が審神者を務めたことから伊佐爾波という社名になったという説がある。なお、湯月八幡とも呼ばれていた。四国は八幡社が多い。

 神社からさらに登ると『宝厳寺』がある。一遍上人が生まれた場所であるそうだ。境内には『一遍上人堂』があり、ミニ美術館となっている。入場は無料。一遍上人像、一遍聖絵が展示されており、各巻について説明したパネルも展示されていて見ごたえがある。

 長い石段を降りていく。女性に声をかけられる。
「次はどこのお寺まで行かれるんですか?」「えっと、太山寺です」「そんな遠いところに……?!」そうおっしゃってから姿を消し、しばらくして戻ってきた彼女は、
「お茶しかなくて悪いんだけど……寒いので、気を付けてください」とあったかいお茶をくださった。わざわざ近くの自動販売機で購入して下さったようだ。ありがたくうけとる。

 初詣にむけてたくさんの屋台が道路両脇に連なっている。横目にどんどん北上する。

 『山頭火一草庵』に立ち寄る。
 どうしようもない歌人、種田山頭火もお遍路をしたらしい。したといってもほんの少し。高知県まで訪れたところで、これから寒くなるから愛媛へ進めない。。となって、久万町を一直線に目指して道後におりてきたそうだ。そしてふらりと松山へやってきた山頭火は支援者の好意によりのちに『一草庵』と呼ばれる納屋に住んだ。
 一草庵には入れなかったが庭にある建物に山頭火の一生をつづったパネルがあった。ほんとうにどうしようもないクズ野郎だった。

 ここから番外霊場の蓮華寺というものがあるのだがパスして五十二番札所太山寺へ向かう。
 スーパーに立ち寄り買い出しを行う。私はすごくわくわくしていた。なぜか。お遍路中はアルコール禁止、そう決めていたが、年越しである今晩だけは飲んでいいと決めたからだ。
 年末準備のお客でごった返すスーパーで年越しそば、おつまみ、日本酒、ビール、を購入する。すべて詰め込んだザックはこの旅で一番重たい。

 久々に重たいザックをかついで太山寺を目指す。都会から離れて大将軍神社の脇を抜けて長い参道にたどり着く。参道入り口にはザック姿の男性がいる。お遍路さんだろう。あいさつをして足早に寺に向かう。参拝をして済ませてすぐ裏山に向かう。この裏山のてっぺんが奥の院だ。今夜は山頂にテントを張りお酒を飲んで過ごすのである。
 寺の奥の院で年越しをするお遍路。最高である。おそらくこんなところで幕営したお遍路さんはほかにいないだろう。

 山頂にテントを張れるスペースはあるだろうか?お寺の人が見回りに来て追い出されたりしないだろうか?いろんな『もし』を脳裏に描きつつ、わくわくとどきどきで胸をいっぱいにしながら山道を登りだした。
RIMG7167


【歩いた距離、歩数】
37.75km 54,827歩

【つかったお金】
ごはん 3,605円
酒   927円
お賽銭 53円

三十五日目 その2
2020.12.30(水)
行程:古岩屋バス停→四十四番大宝寺→四十六番浄瑠璃寺→四十七番八坂寺→別格九番文珠院→四十八番西林寺→杖ノ渕公園



 三坂峠から駆け下りる。旧遍路宿『坂本屋』再建地に着く。
 普段なら坂本屋はお接待所として開いているのだろう。今はトイレだけが開いている。清潔に保たれたトイレをありがたく利用させていただき、軒下で一休みする。頂いたパンをかじると女性の言う通りむちゃくちゃおいしい。クリームもカレーも既製品でないことは瞭然。特にクリーム。この、もったりとした、口の中で溶けない、ごろごろした感じ。めっちゃ旨い……。もう一個食べたいが一個しかないのである。

 雪も雨も止んだ。県道194号ぞいにひなびた集落を北上する。弘法大師の網掛け石、丹波の里接待所(閉まってる)などを横目に歩いて行くと四十六番札所浄瑠璃寺にたどり着いた。参拝し、すぐお隣の四十七番札所八坂寺へ。八坂寺には陳腐な閻魔堂があり、地獄の道、天国の道、などという絵展示がされている。参拝し、すぐお隣の別格九番文珠院へ。珠をいただいて次は大宮八幡神社へ向かう。この神社に生えているイブキビャクシンの根もとに『金平(こんぺい)狸』が祀られている。四国は狸信仰が篤い土地なのである


【札始大師堂】
 参拝を終え、さらに北へ。『札始大師堂』に着く。別名、小村大師堂。小村は地名。お遍路の開祖といわれる『衛門三郎』が最初に参拝した御大師様といわれているので、札始大師堂と呼ばれている。この大師堂は宿泊させてもらうことができる。

 私はお遍路には何の予備知識もなしにやってきた。よって、真念さんのことも知らないし、衛門三郎のことも知らない。お遍路の歴史も何も知らない。それでよかったと思っている。もしお遍路の道中で知る機会があるのなら、それは私に縁のあることだし、知る機会がなければ縁のないことだからだ。そもそも私にとってのお遍路の動機は、長期旅と野宿の練習だ、お遍路であること自体に意味はない。

 しかしここで衛門三郎と出会ったので、どういう人物なのか記しておこう。

 小村大師堂の横には川がある。空海が四国を産業振興のため巡業していたとき、その川が大水であふれた。そこで空海は川の横に草庵を結び、当時この地の富豪で会った衛門三郎に相談をしに行った。川の治水土木工事の相談に行ったのだ。
 ところがこの衛門三郎、一般庶民からは強欲非道慳貪邪見の人として知られており、空海を見るや乞食が来たと追い返した。何日もやってくるのでついに竹ぼうきで空海の持っていた鉢を打ち割ったという。その後空海が来ることはなかった。
 それからどうしたことか、衛門三郎の八人の子供が次々と死んでいった。無常を呪った衛門三郎は、ふと、乞食姿の旅僧のことを思い出した。それはもしや、今都で有名な、生神様仏様とあがめられている空海ではなかったのか?もしかして何か相談事があったのではないか?そう考えて大勢の者に探させたがみつからない、決心した衛門三郎は荷俵を背負い、三衣を首に、足中草履に杖笠を構えて(つまりお遍路の姿)空海に面会して詫びようと、小村までやってきた。小村に置かれた大師像を見て、そこで一夜を明かし、翌日、目印に名札(木製)を添えて、そこから空海の跡をたずねる旅に出た。

 以上がお遍路の開祖、衛門三郎のお話であり、小村大師堂の縁起だ。
 なお、空海が工事しようとした川は松山城主加藤嘉明の家臣、足立重信により工事され、今は重信川と呼ばれる。
RIMG7120


【杖ノ渕公園】
 重信川を渡り松山自動車道をくぐりさらに北へ。四十八番札所西林寺に参拝。今日のお宿は西林寺奥の院の杖ノ渕公園だ。でっかい駐車場にはたくさん車がとまり、公園は家族連れでにぎわう。幕営準備をするには早すぎる。公園のすみのでっかい東屋で座りパンをかじる。
 東屋の壁に張り紙がある。いわく、『人不足により公園での夜間の安全性を確保できないので野宿をしばらく禁止します』とのこと。
 どうやら今までは公園管理者に届を出すことにより野宿OKという方式だったようだ。それが、夜間に見回りをできる人員がいないのでできなくなった、ということらしい。
 ならばなにかあっても公園に責任を負わせないのであれば野営OKということだろう。そう解釈したのでここで幕営することにした。

 まだ日が高いので少し遠いが『南道後温泉ていれぎの湯』へ向かう。荷物は東屋にデポする。温泉でひとっぷろあびて公園に戻ってくる。駐車場は閉まる。暗くなったことを確認し、まわりに光が漏れないよう注意しながらテントをたてる。
 明日は大みそか。道の駅で購入した正月飾りをテントの入り口に巻き付けて年末気分をだす。しかし夕食はパンである。うまいからいいのである。

 お遍路、特に劇的な出会いなんてなくて、普通に寺回って普通に終わって普通に帰るんだろうな……そう思っていたのだが、自分のやり方次第でいくらでも出会いはあったりなかったりするのだ。
 そんなことを考えつつ、人目におびえながら眠りについた。


【歩いた距離、歩数】
40.14km 58,507歩

【使ったお金】
ごはん 1,279円
お賽銭 8円
珠   300円
お風呂 700円

↑このページのトップヘ