生存確認


こめの旅日記。

四十日目
2021.1.4(月)
行程:
五十八番仙遊寺→竹林寺→五十九番国分寺→世田薬師→臼井御来迎→実報寺→日切大師→別格十一番生木地蔵→丹原総合公園

その1


【無駄な時間】
 朝六時。今朝はお寺の朝のお勤めに出席しなければならない。朝のお勤めに出席しない人もいる、というのは納経所の人の言。確かに、朝六時なんてお遍路にとってはそろそろ歩き始めたい時間だ。お寺なんて暇なんだからもっと早くお勤めしろよな、なんて悪態を秘めながら数珠は持っていないので輪袈裟だけを首にかけて本堂へ向かう。
 本堂の扉を開ける。靴を脱いで中に入る。立派な袈裟を着て眼鏡をかけた剃髪の男性と、昨夜で雪山デビューされた女性のお坊さんがストーブの前に立っていた。
 しばらくしてもう一人お坊さんがやってくる。さらに先日通夜堂を譲った歩き遍路の男性もやってくる。そして朝の勤行が始まる。

 お経は全くわからない。わからないから耳を澄ませながら仏像を眺めていた。途中、焼香を求められたがやり方がわからないので男性遍路の方に先にやってもらった。倣って二度、焼香をあげた。般若心経、真言のおんあぼきゃべいろしゃのう~、願わくはこの功徳をもって~のおなじみの文言は覚えているので共に唱和した。

 読経が終わる。堂内に静けさが戻る。剃髪のお坊さんが振り返る。
 「どこから来た?何歳?」などの雑談を皮切りに、説教とまではいかないが、講話のようなものが始まる。
 お坊さんは自らを変わり者だと言った。仏道に身をやつしていながら農業もするし猟もやる。世の中の役に立つことをやりたいのだと。
 「宗教の本来の役割、それは何か。平和を祈ることだ。宗教の役割は平和を祈ることだけれど……今、世界を見渡すと、宗教は戦争を起こす火種づくり、きっかけづくりしかしていない。それではいけないんだよね」
 でも平和を守るなんて大層だ。だから私は手の届く範囲から、作物をつくったり、害獣を駆除したりして地域の人々の役に立つことをやりたい、と。

 いっしょに講話を聴いていた男性お遍路さんはいたく感動していた。平和のために身近なことやれることからやろうだなんて、まるで御大師様のようだ!と。
 隣で私は感心していた。
 お坊さんはいいことを言った。『宗教が担う一番大きな役割とは、戦争の口実の作成である』ということだ。本当にその通りだと感心した。真に平和を願うのであればお堂の奥にひきこもっていてはいけない。それでは何も解決しない。
 私は、宗教というものは無くなった方がいいものである、という考えをより深めた。

 男性お遍路さんは区切り打ちをしているそうだ。明日には神奈川へ帰らなければいけないらしい。だから今日は進めるだけ進む心づもりのようだ。「また会うと思いますけど」「そうですねー」と言って別れたが、行き先違うから今日会うことはないよなあ……?と脳内に地図を思い浮かべながら答えた。


【有意義な時間】
 次の目的地は別格竹林寺である。仙遊寺からダッシュで山道を降りる。建設途中の今治小松自動車道をくぐりぬける。朝日を見ながら竹林寺を探す。お寺は山の上にあるものだ。坂になった車道にザックを放置して寺を目指す。小高い境内から再び朝日を眺めて参拝。一息ついて坂を下る。荷物を回収して自動車道近くのお遍路トイレ前自販機でコーヒーを買う。トイレでは女性が掃除をしていた。女性は掃除の手を止めずに話しかけてくる。
 「お四国参り?歩き?」「ええ、時間だけはあるんで……」
 歩き遍路というと、えらいね、すごいね、と言われることが多いのでそれを回避するために、『暇だからできる』ということを強調するために『時間だけはある』という返答をするようにしている。するとだいたいは、『そんな皮肉のつもりじゃないんだが……』のような反応が返ってくるのだが、今日はちょっと違った反応が得られた。
 「そうそう。時間だけはある。時間だけはな。うちの息子もな、コロナで無職なってな。家賃払えなくなってな、私も少ない年金暮らしやねんけど、家賃払てあげてな」
 「ええっ。大変ですね……。子供さんはひとりで暮らしてはるんですか?」
 「いやいや、もう50んなって、家族もいるんやけど」
 話の流れから大学卒業そこらの息子かとおもいきやかなりいい大人の話で面食らう。
 「それで仕事辞めてからな、なんかストレスやろね、病気になってしもて、入院してな。でも国民健康保険払ってなかったからな。10割払わなあかんくて、それも私が払てなあ、それから払てなかった保険料も私が払て」
 「うわ……めっちゃ大変やないですか……」
 面食らう話が続いてまともな返答ができない。息子、どんだけダメ人間なんだ。そしてこの人、神様か何かか??
「んー大変やったわー。でも命あるだけよかったわなー」
 その言葉にさらに面食らう。

 あー今日も晴れてるわーいい天気ねー。なんて言うかのようなノリで女性は話している。
 愚痴るでもなく、ただ淡々と、身に起こったことを話すだけ。結構壮絶な内容なのだけれど、こんなことよくあることでしょ?とでもいうようにあっけらかんとしている。
 そしてその間も掃除の手は一切止めずてきぱきと仕事を進めていく。

 仙遊寺でいただいた講話よりもずっと身に染みるお話だった。

三十九日目
2021.1.3(日)
行程:
道の駅風和里→青木地蔵→五十四番延命寺→五十五番南光坊→別宮大山祇神社→五十六番泰山寺→龍泉寺→五十七番栄福寺→五十八番仙遊寺


 夜明けはすっかり遅くなった。野宿遍路としてはありがたいことだ。
 暗闇の中でラーメンとすきやきを食う。うまい。ラジオ体操をしてテントを片付けて610、出発である。
 国道196号を歩く。辺りは薄暗く、走り抜ける車もライトをつけている。

 海岸沿いを歩いて行き遍照院にたちより変質者を見る目で見られ(ほとんどの地元の人は番外霊場というものを知らないのでお遍路さんが来るとは思っていない)立ち並ぶ瓦屋を見送り四国石油の工場に入っていくタンクローリーを見送る。工場のわきから裏手に入り、野宿するとキリシタンの霊を見ると噂の『青木地蔵』に立ち寄る。
 青木地蔵には通夜堂があるが、ルールを守らない一部お遍路さんのために今は使用禁止となっている。
 海岸沿いから街中へと入っていきお遍路の舞台は今治市になる。

 五十四番札所『延命寺』にたどり着く。
 延命寺はもともと『近見山』の頂上にあったらしい。番外霊場や奥の院も訪問している私としては訪れるべきなのだが面倒になって訪問しなかった。
 延命寺の参拝を終える。ザックは重たいので境内のベンチにデポしていた。ザックを取りに戻るとザックの上に伊藤園の紙パックのジュースが置いてある。これは落とし物や忘れ物ではなくて、多分、お接待なんだろう。辺りを見てみると駐車場に伊藤園の自販機があった。わざわざ買ってきてくださったのだ。デポしたザックの上に置いておくなんて粋なことをしてくださる。ありがたくいただく。

 延命寺を辞し東へ進む。四国といえば北側に角が二本生えた形をしている。ここは四国の西側の角のさきっちょだ。ようやっと愛媛県の北部まで来たのだ。見える海は太平洋から瀬戸内海に変わったのだ。

 五十五番『南光坊』に到着する。参拝をすませ境内のベンチでパンをかじっていると、隣でヨーグルトを食べているおじいさんに声をかけられる。
「私はお遍路さんに出会ったらジュースをおごることにしているんです」
と、自動販売機で缶コーヒーをごちそうになる。
 そこで20分ほどしっぽり話し込む。
 昨日出会ったお遍路さんは鎌大師で宿泊されたらしいですよ、と情報をもらう。はて、鎌大師のヘンロ小屋は野宿禁止だったはずだが……?と思ったがどうもお堂の方に泊めてもらえるらしい。通夜堂ということだ。鎌大師は知る人ぞ知る有名お堂らしく、『てづかみょうけん』さんという超有名人物の逸話があるらしい。帰宅後にググったら『手束妙絹』さんという方がヒットした。

 今治市街を抜けて道路を進み五十六番『泰山寺』に到着する。奥の院『龍泉寺』に参拝し寺を辞する。
 五十七番『栄福寺』を参拝する。寺を辞する。
 さて、そろそろいい時間である。五十八番『仙遊寺』まで行くかそれまでにいい場所があれば幕営準備をするか選択どころである。
 16年前のガイドブックを見て、犬塚池の横に書いてあるWCマーク、ここにテントを張れないかとあたりをつけていた。実際にたどり着いてみると工事現場にあるような簡易トイレがひとつたっていて、その周りは草むらと斜面。とても幕営できるような場所ではなかったし、トイレも利用したいと思えるようなものではなかった。
 さて、ここから先で幕営予定地は仙遊寺の通夜堂か仙遊寺直下にあるらしい休憩所である。

 どうしようかと悩みながらもガシガシ進んで五十八番札所『仙遊寺』まで来てしまった。
 山門をくぐりキツい坂を汗だくになって登る。飼い犬にほえられまがらたどり着いた境内では子供が走り回っている。お寺の住人だ。参拝をすませて納経所で泊めてもらえるか尋ねると、髭を生やしたシブいおじいさんは最初こそいぶかっていて返答も険があったものの、だんだん態度が軟化していき、最終的には優しく猫なで声と笑顔で対応してくれた。
 普段はお風呂に入れるそうだが今日はお風呂の準備ができないらしく何度もすみませんと言われた。こちらとしてはお風呂があることを想定していないので何も謝られるいわれはない。
 通夜堂に連れて行ってもらい使い方や水、電気、寝床の説明を受けたが、その後男性の歩き遍路さんがやってきて、通夜堂は男性が、私は僧房の納屋に通された。納屋はなんとエアコン完備だ。無料で宿泊させてもらうのにエアコンを使用するなど恐れ多い。エアコンは使わないでおこう。と考えていたはずだが結局寒さに負けてエアコンをつけてしまった。
 仙遊寺境内からの眺めはとてもいい。夜景も良いことだろうと夜中に外に出ると何やら人の気配。こんばんは、と声をかけられたので私もこんばんはと返す。僧房に戻ると玄関にはチェーンスパイクの箱、登山リュックが置かれている。さっきまでなかった靴は明らかに登山用である。
 トイレに行って帰って来たときに荷物の持ち主が玄関にいたので思わず声をかけてしまった。
 あの、山に行かれてたんですか……?と尋ねると彼女は嬉しそうに答えてくれた。
 彼女が行っていた山は石鎚山で、人生はじめての雪山登山をしてきたとのことだ。今後も雪山に行きたいのでまずはチェーンスパイクを購入したとのことだ。
 今日の石鎚山の写真を見せてもらった。石鎚山は相変わらず雪の白と空の青のコントラストで輝いている。
 おそらく彼女は仙遊寺で修業中のお坊さんで、お遍路さんを通夜堂へ案内することは彼女の役割なのだろう。ついでに言えば温泉を準備するのも彼女の仕事。だから今日は温泉が準備できなかったのだ。貴重なお休みを人生初の雪山でガッチリ楽しんできたのならこんな幸いなことはない。
 明日も朝早くからお勤めだろうに、山登りでお疲れのところをお引止めして申し訳ないが少しお話をして寝床に戻った。
 寝床に戻ると彼女は部屋にやってきてみかんを3個くれた。お礼を言ってありがたくいただく。
 その夜は部屋の中でパンときんぴらごぼうとみかんをかじり、板の間にたたみをしいて持参の寝袋に入って寝た。たくさん歩いて疲れた体は寒さなどものともせずすぐに眠りに落ちて行った。


【歩いた距離、歩数】
40.83km
59,315歩

【使ったお金】
ごはん 2,068円
お賽銭 6円

三十八日目
2021.1.2(土)
行程:クラウンヒル松山→五十三番円明寺→
五十三番奥の院→鎌大師→道の駅風和里


 ホテルは年末年始限定でウェルカムドリンク(アルコール含む)が飲み放題で昨晩は飲み散らかした。文字通りグラスをひっくりかえして液体を散らかした。ホテルの人ごめんなさいありがとうございます。
 朝飯はバイキングに加えて、田作り、黒豆、かまぼこのおせちセットが出てきた。
 ゆっくり朝飯をすまし7:30に出発である。


【五十三番円明寺】
 国道196を北上し最短距離で五十三番円明寺へ急ぐ。すでにお寺には参拝者がいる。
 本堂には四天王像が立っておりいやがおうにもテンションは上がる。
 お大師さまもちゃんと公開されている。よい寺だ。
 この辺は隠れキリシタンの伝承もあるらしく、境内にはキリシタン灯篭なるものが立っている。

 寺を辞して奥の院を目指す。昨日、消防団のおっちゃんに
「奥の院まで行くの?遠いよー……」と呆れられた。
 いやいや、ここまで歩いてきた距離と比べたら全然遠くないですよ、たった3kmですよ?と言ったが納得顔ではなかった。なんでだ??
 とてもせまい道を歩く。後ろから軽トラがやってきていたが譲れないほどにせまい。ひらけたところで横に避けた。軽トラの運転手は嫌な顔一つせず、会釈をくれた。良い人だ。
 奥の院まではお遍路看板は無い。唯一奥の院の百メートルほど手前に白地に赤字の四角いへんろ道保存協力会のへんろ道看板が現れた。奥の院に到着である。
 6畳ほどのお堂はこじんまりしているがきれいに整備され「南無大師遍照金剛」ののぼりも立っている 。中をのぞくとほこりひとつなく綺麗に掃除されておりお供えの品もたくさん並んでいた。
 奥の院を辞して北へ進む。
RIMG7197



【北条市・鎌大師】
 松山市から北条市へ、国道196沿いを海を見ながら歩く。海はとても青い。こんな綺麗な海を見ながらならば固いアスファルト歩きも苦にならない。
 電車の形をしたカフェがあり、海に落ちるぎりぎりの場所にベンチが置かれている。誰も座っていないベンチセットが青い海を背景にしているさまはなんだか絵になる。
RIMG7202

 北条の集落には蓮福寺大師、西ノ下大師など大師堂がちらほらみられる。どこも綺麗に整備されており大きな大師像が立つ。信仰の深さをうかがわせる。
 蓮福寺大師堂の前に白い軽トラがとまっており、横を通り過ぎようとすると年配の女性がやってきた。御接待である。はい、と渡されたのはティッシュにくるまれた何か。
「ジュース一本しか買われへんくて悪いけど」
と言いながら渡されたそれはきっと、私を見て車をわきにとめてわざわざくるんでくださったのだろう。現金であった。御接待とはいえ現金はものすごく受け取りづらい。目を丸くして驚いた後、すみません、ありがとうございます、を何度も言った。お遍路大変だね、全部歩くの?でも大丈夫か、ここまでこれたんだから、ファイトー!!と、めちゃくちゃ元気なおばあちゃんだった。どぎまぎしている私はテンションを合わせることができなくておばあちゃんに違和感を与えてしまったかもしれない。
 四国の人々は(高知県以外は)よく話しかけてくれる。けれどなにせ私が話し下手すぎて、折角話しかけてくださったのにも関わらず、こちらは楽しい話ひとつもできず、相手に心地悪い気分をさせているかもしれないと常々思う。話しかけてくださったのに申し訳ないと感じる。
 思い出す。古岩屋バス停で出会ったコーヒーの彼。彼は、
「せっかく話しかけてくれたんやから、話しかけてよかったなーと思ってもらいたい。だから、コーヒーでも点ててちょっと小一時間お話しよと思てるんですよね」と言っていた。
 さすがにコーヒーを点てるまではいかないが、せっかく話しかけられたのだからちょっとお話しましょか、という余裕は私も持ちたい。
 でも話し下手なのは仕方ないよね。会話術っていうのは場数を踏まないとうまくならないよね。ここは人がいい四国の方々の胸を借りて、お遍路を通して会話の練習をしていこう。そう前向きにとらえることにした。
 ティッシュにくるまれた現金は千円札一枚。……飲食に使うのは悪い気がしたのでお寺の納経所のみで使用することとした。

 北条市の中心部から郊外へ抜ける。次の目的地は『鎌大師』だ。鎌大師の由緒を下に記す。
『弘法大師が行脚の途次、この地に悪疫が流行していることを哀れんで、村人に鎌で刻んだ大師像をあたえたところ、無事平癒したので、その大師像を本尊としてこの地に堂を建て、「鎌大師」と呼んで深く信仰されてきたと言い伝えられる。』
 悪疫封じの御大師様。ということは昨今の御時勢、参拝者はたくさんいるだろう、境内にあるヘンロ小屋にあるノートをめくってみると案の定『新型コロナ退散』などの文面が踊っていた。
 ちなみにこのヘンロ小屋は野宿禁止である。野宿はしないが雨が弱くなるまで遍路小屋で座っていた。
RIMG7211

 雨が弱まってきた。さてそろそろ出発である。
 来た道を戻って幕営予定地の『道の駅風和里(ふわり)』へ向かおうとしたがどうやら横道があるらしい。住宅地の間を抜けて海岸沿いに出る。海岸沿いを道の駅に向かう。なぜか沖縄のブルーシールアイスの店舗がある。購入はしなかった。ブルーシールアイスを見送ってさらに進むと道の駅に到着だ。


【道の駅風和里】
 道の駅は年末年始で休業中だ。休業中だが駐車場は車がいっぱい。観光客もたくさんいる。バイカーも集合しているし、キャンピングカーは4台もある。
 そしてこの書き入れ時を逃すものかと営業している店舗、というかキッチンカーが駐車場に2台ある。ひとつはラーメンでひとつはコーヒーだ。さすがに繁盛している。さらに奥に行くと道の駅が休業中のさなか、アイスクリーム屋だけが経営している。さすがにこの時期にアイスクリームは売れないようで売れ行きはふるわないようだ。

 アイスクリーム屋の手前が飲食スペースになっている。屋根があって、ごみ箱、椅子、机がそろっていて幕営には便利だ。さらに人があまり来ない。トイレの導線からも離れている。幕営好適地だ。今日はここにテントを張ろうとソフトクリームをなめながら即決した。

 ベンチに重たいザックを置いて夕日見物にでかける。道の駅から道路をはさんで向いは海だ。西に展望が開けている。風が強くて寒いので壁があるところに腰かけて、サングラスをかけて落ちていく夕日を観察した。

 夕日観察を終えて夕食である。さきほど目を付けたベンチでおでんをあたためて汁にうどんを漬ける。うまい。温かい飯が胃袋にしみる。この道の駅はごみを外から持ち込んでもOKのようだ。非常にありがたい。
 寝る前のストレッチをすまし、明日以降3日くらいの旅程を地図をにらみにらみ確認して眠りについた。
RIMG7219


【歩いた距離、歩数】
28.86km 41,949歩

【使ったお金】
ごはん 1,724円
お賽銭 1円
ビタミン剤 1,780円

↑このページのトップヘ